カナダde FOOD ADVENTURE ② Smoke’s Poutinerie

こんにちは!GENYAです。

皆さんカナダ料理と聞かれたら何を思い浮かぶでしょうか?

カナダの食品といえばサーモンやメープルシロップがすぐに挙げられますが、
料理と聞いてもピンとこない人は多いと思います。

僕もカナダに来るまで知らなかったのですが、
皆さんに是非知ってもらいたいカナダ料理があるので
ここで紹介させてください!

その名も。。。

ドン!!

Poutine/プーティン です!

プーティンはフライドポテトの上にチーズを乗せて、
さらにその上からグレイビーソースをかけた料理です。

今回紹介するのは、
カナダ内に存在する色々なチェーン店の中でも
このプーティンだけに特化したお店
Smoke’s Poutinerie からのメニューです♪

路上の看板

赤と黒のチェック柄がイメージカラーらしく、
店内はこのような装飾になっています。

店内の様子とメニュー

今回はメニューから3品オーダーしました!
参考程度に GENYA 個人のオススメ度も添えています。

TRADITIONAL(Smoke’s Poutinerieより)

【オススメ度:★★★★★】

フライトポテトにチーズ+グレイビーソースをかけた
一番スタンダードな一品です。

色々なトッピングが存在しますが、
時々このオリジナルに戻ってきたくなる信頼の味です。

写真のようにお持ち帰り用の箱に詰められて提供されます。

サイズは Large、Medium、Small の3種類がありますが
もちろん北米仕様のサイズなので注意しましょう。
Large は複数人で食べることが前提で、
Medium でも1成人男性が十分お腹いっぱいになる量です。
軽く食べたい人は Small でオーダーしましょう。

PHILLY CHEESESTEAK(Smoke’s Poutinerieより)

【オススメ度:★★★★☆】

カットステーキ、マッシュルーム、たまねぎ、チーズソース、赤ピーマンがトッピングされた食べ応えが高い一品。

KOREAN BBQ(Smoke’s Poutinerieより)

【オススメ度:★★★☆☆】

カットステーキ+韓国風バーベキューソースの変わり種!
グレイビーソースと合うの?という疑問はありましたが、
意外とバーベキューソースがいいアクセントになっていました♪
(実はメニューの画像にいるおじさんもちょっと昔に流行ったカ〇〇ムスタイルのポーズをしています)

色々な国の文化が入り混じったカナダらしい一品ですね。

他にもナチョス風のブーティン等、
国外の文化をリスペクトしたメニューもあったりします。

別のトッピングやベジタリアンの人たちに配慮したメニュー等も用意されているので
ここでチェックしてみてくださいね♪

メニュは全部で約30種類ほどありますが、
残念ながらまだ日本風のプーティンはありません。。
そのうち出てくることを期待しましょう!

ちなみに僕 GENYA の一番のオススメは
アメリカの BBQ 料理として知られているプルドポーク(PULLED PORK)トッピングです!
(もちろんオススメ度は★五つ!今回オーダーできなかったのが残念。。。)

写真から想像いただける通り、カロリーが非常に高く、
おいしいながらも食べた後に罪悪感を感じること間違いなしのプーティン。

カナダでは Smoke’s Poutinerie だけではなく、
あらゆる所で食べることができるので是非お試しあれ。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう★

Take it easy 🙂

カナダde FOOD ADVENTURE ① ベトナム料理編【後編】

こんにちは!GENYAです。

前回に引き続き、ベトナム料理の紹介をしていきます!
前編では麺類を紹介しましたが、後半の今回は麺類以外で
皆さんに是非食べてもらいたい料理を紹介します♪

注:オススメ度は美味しい順ではなく、初めてベトナム料理を
食べる時に試してほしい順を★の数で表しています。

Cha gio(チャーヨー)【オススメ度:★★★★★】

揚げ春巻きです。豚肉、長芋、カニ、エビ、春雨、キノコ等の具材を
小麦粉で揚げたもので、サクサクとした食感の料理となっています!
ヌクチャムというつけダレに浸していただきましょう。
前編でも紹介したブンチャーや他の料理のトッピングとして
使われることもあります。

とりあえずのサイドメニューとしてオススメです♪

Goi cuon(ゴイクン)【オススメ度:★★★★☆】

エビ、ハーブ、豚肉、春雨と生野菜を包んだ生春巻きです。
ヌクチャムやピーナッツソースにひたしていただきましょう。

たっぷりの野菜が使われているのでヘルシーかつ食べ応えがある一品!

Com tam(コムタム)【オススメ度:★★★★★】

焼き豚肉と bi(調理した薄切り肉の皮と米粉を豚の薄切り肉と混ぜたもの)をミックスして、
甘酸っぱいヌクチャムをかけて砕精米と一緒に食べるのが一般的です。

豚肉だけではなく牛肉や鶏肉のバーベキューと野菜類、漬物、
海老のペーストケーキ、茶碗蒸し(のようなもの)、焼きエビ等の
トッピングもあります。

ご飯が食べたい人ならコレですね!

Bánh xèo(バインセオ)【オススメ度:★★★☆☆】

続いてベトナム風お好み焼きことバインセオ!

米粉にターメリックを加えて作られた平べったいパンケーキに
殻付きのエビ、脂の乗った豚肉の薄切り、玉ねぎのスライス等の
具を包んだ料理です。

小さく切ったバインセオをレタスや他の野菜類と一緒に包み、
ヌクチャムや発酵させた甘いピーナッツバターソースに浸して
いただきます。

Canh chua(カインチュア)【オススメ度:★★★☆☆】

Canhは「スープ」、chuaは「酸っぱい」という意味です。
タマリンド由来の酸っぱさが特徴で、魚、パイナップル、トマト、
もやし、ハーブや野菜等が入った具沢山のスープです。

前編で紹介したブンリウと同じくこちらもフレッシュで酸っぱいテイストなので
暑い季節にオススメです♪

Chè(チェー)【オススメ度:★★★★☆】

お腹いっぱい食べた後はやっぱりデザートですよね!

ベトナムの定番のデザートといえばこのチェーです!

緑豆、小豆、インゲン豆等の豆類ともち米に色々なフルーツを
入れたデザートです。温かくても冷たくしても楽しめる一品♪

お好みでココナッツミルクもいれていただきましょう。

Cà phê(カーフェー)【オススメ度:★★★★☆】

深煎りのアイスコーヒーです。ベトナムコーヒーとしてご存じの方も多いでしょう。

カップの底にコンデンスミルクが入れられた状態でサーブされるので
適度にかき混ぜながら自分の好みの濃さに調整することができます。

食後の一杯として是非♪

これで以上となります!

ここでは紹介しきれないほど沢山の美味しい料理があるので、
ベトナムのレストランに行く機会があれば是非メニューを見て
どんな料理があるのかを楽しんでもらえると嬉しいです♪

それでは、また次回の更新でお会いしましょう★

Take it easy 🙂

P.S.夜中に美味しそうな写真を見ながらも何も食べることなく
記事を書き終えて精神レベルの上昇を果たした GENYA でした。

カナダde FOOD ADVENTURE ① ベトナム料理編【前編】

こんにちは!GENYAです。

カナダといえば移民の国です。
その為、トロントにいながら色々な国の料理を楽しむことができます♪
出身国のシェフが本場の料理を提供してくれるのでレベルも高いです!

魅力的な国であるカナダの「食」を知ってもらう為に、
ここで色々な料理を紹介しようと思います!

その名も「カナダde FOOD ADVENTURE」シリーズ!

早速ですが、シリーズ第1弾は僕 GENYA のオリジンでもある
ベトナム料理を前半後半に分けて紹介していきたいと思います。

注:オススメ度は美味しい順ではなく、初めてベトナム料理を
食べる時に試してほしい順を★の数で表しています。

Pho(フォー)【オススメ度:★★★★★】

ベトナム料理といえばこのフォーを一番最初に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?
牛から出汁を取ったスープに平麺、牛肉、玉ねぎ、刻んだ青ネギが入った状態でサーブされます。

一緒にもやし、バジル、パクチー、唐辛子、ライム等の野菜と海鮮醤やチリソースが用意されているので自分好みの味に仕上げていきましょう♪

ちなみにベトナム語の読み書きが全くできない僕ですが、
メニューを開いた時、すぐ見つけるために唯一読めるようになった単語でもあります。

Bún bò Hue(ブンボーフエ)【オススメ度:★★★★☆】

フォーの平麺とは違ってこちらはうどんのような形の麺が使われています。
レモングラスと唐辛子由来の辛酸っぱい病みつきになるスープが特徴です。
魚肉団子や牛肉等の肉類と色々な野菜類と一緒にいただきましょう。

Bánh canh(バンカン)【オススメ度:★★★☆☆】

こちらはタピオカ粉から作られた太麺とシンプルなスープを使った料理ですが、
バリエーションは豊かなものになっています。

場所によって違ったりするので色々なレストランで食べ比べてみてもいいかもです!

下記はほんの一例です。

・濃厚なカニのスープにうずらの卵がトッピングされたもの
・豚骨とエビが入ったもの
・エビのスープにココナッツミルクを混ぜたもの
・麺を透明度が高く、歯ごたえがあるものに変えたもの

Bún riêu(ブンリウ)【オススメ度:★★★★☆】

麺はビーフン、スープはトマトとカニをミンチしたものが使われているのが特徴です。
豆腐、たまねぎ、もやし、溶き卵、ルアット(豚の血を固めたもの)といった具が入っています。

カニの甲羅からのカルシウム、ルアットからの鉄分、
野菜類からのビタミンで栄養豊富な料理でもあります。
フレッシュで酸っぱい味わいなので特に夏にオススメです!

Bun cha(ブンチャー)【オススメ度:★★★★★】

こちらはベトナム版のつけ麺のような料理です。
ヌクチャムというピリ辛のつけダレにビーフンと甘辛い豚肉のパティ、
酢漬けした人参やレタス等の野菜を浸して食べる料理です。

魚肉団子や揚げ春巻き、ソーセージといった他の具材との組み合わせもあるので
自分の好みで選びましょう♪

さて、前半は麺類だけの紹介になってしまいました。
ここで紹介されている料理だけでもほぼ全て違う種類の麺が使われていることから分かる通り、
僕も含めてベトナム人は麺が好きな人が多いのでそれだけ麺類の料理も充実しています。

後半では麺類以外の美味しい料理を紹介したいと思います。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう★

Take it easy 🙂

P.S.夜中にこの記事を書いていて絶賛後悔中です。お腹すいた。。