No Oracle, No Life.

Oracle 製品と戯れる日々の記録。

Oracle Database 18c SQL*Plus 新機能

さっそくですが、今回も引き続き、18cを見ていきたいと思います。

まず私が気になったのが、最も使用するであろうインタフェース、
SQL*Plusの新機能です。内容によっては、使い勝手が
大きく変わるため、期待しております。12cR2ではhistory機能が
追加されています。
(個人的には↑キーで過去のSQLを選択できると、なおよかったのですが・・・)

さて、18cのマニュアル「SQL*Plus User’s Guide and Reference」を
確認しますと、以下の3つの機能が追加されています。

 

実行したSQLのSQL_IDが返されるようになる。

SET FEEDBACK に SQL_ID オプションを設定すると、
実行したSQLのSQL_IDが返されるようになりました。
特定のSQLを検証する際に役立ちますね。

 

表示するクエリーの行数を制限できる

SET ROWLIMIT コマンドで、表示するクエリーの行数を制限できるようになりました。
「WHERE ROWNUM >= 〇〇」と付与しなくてもよくなります。

出力サイズを画面サイズにあわせて動的変更

私は3つの新機能の中でこれが一番うれしいです!
SET LINESIZE にWINDOWオプションが追加され、
画面サイズに合わせて自動的に出力サイズが変わります。

最初は小さめ(サイズ69)でSQLを実行し、
途中で画面を広げて(自動的にサイズ108に変更)SQLを実行しました。

実行するSQLによって、出力される列数も異なりますから
さまざまなデータを確認するたびに、頻繁にLINESIZEを変えることが多かったのですが、
これが動的に変わるのはとてもうれしいです!!
こういう「かゆいところに手が届く」新機能を待ってました。

以上、SQL*Plusの3つの新機能をご紹介いたしました。

コメントは受け付けていません。